早漏を解決するのにクリニックに相談するのが良いって知ってましたか?

カウンセリングを受けることも効果的

包茎ではない、あるいは包茎を治したのにまだ症状が重い場合には、別の治療を行なう必要があります。それは、亀頭に人工の保護膜を埋め込み、意図的に感度を鈍らせる治療です。元々この部位は神経が露出しているような状態のため、早漏ではない人も過敏に刺激を感じます。ですので少し鈍らせるだけならば機能には影響がありません。むしろ、早すぎる人にはちょうどいいバランスとなります。

治療期間さえ終われば長く効果を実感

同様の施術で、ヒアルロン酸などを注射して亀頭を整形し、正常な機能に近づけるというものもあります。また、ペニスのサイズが充分でないために、機能が弱いという原因も考えられます。ペニス増大も、注射や手術によって違和感なく可能なレベルになっています。治療期間さえ終われば後遺症も残らず、長く効果を実感し続けることができます。メンタル的な不安や焦りが原因の場合は、精神科医で薬の処方を受けたり、カウンセリングを受けることも効果的です。いずれにせよ、まずは原因がどこにあるのかを考えて、自分に合った解決策を探していくことが大切です。


ホーム